痩せたい人の簡単ダイエット

ダイエットするためには、食事制限と適度な運動が効果的です。そんなこと誰だってしってます。でも、それが簡単じゃないから困っているのです。そこで、飲むだけで効果のあるサプリメントを紹介いたします。

糖尿病では糖質制限は危険?

 

下記記事は、上記動画を視聴して作成したレポートです。
ご一読下さい。

 

糖質制限は危険?

 

北里研究所病院 清野医師

長期的な糖質制限においては、
1.長期的に血管障害を防止できるか?
2.全身の臓器にどのようなことが起こるか?
という疑問を呈している。

 

高尾病院 江部医師

自分自身が糖尿病で、11年間糖質制限食を続けているが全く問題はない。
イヌイットは、4000年に亘って生肉、生魚だけの食生活だが、糖尿病、心筋梗塞、動脈硬化は少ない。
我々が米を主食としたのは1万年前であり、それ以前はイヌイットと同様の食生活をしていた。

 

ケトン体について

我々は、エネルギー源として脂肪(9kcal/g)とブドウ糖(4kcal/g)を利用できる。

心臓は、エネルギー効率のよい脂肪をエネルギー源としている。

脳は、ブドウ糖とケトン体をエネルギー源として利用できる。
(従来脳が利用できるエネルギー源はブドウ糖だけといわれていたが、近年ケトン体も利用できることが判った)

ケトン体は脂肪から作り出されるもので、脳においてはブドウ糖が不足するとケトン体が代わりを果たす。

脳のエネルギー源としては、ブドウ糖よりもケトン体のほうが優れていると言われている。
たとえば、糖質制限をすると思考がクリアになる。

 

清野医師は、長期間、脳のエネルギー源としてケトン体だけを利用することに問題はないか?と発言している。
理由は、大規模なケース・スタディーが行われていないということである。

 

江部医師は、全く問題はないと述べたうえで、糖質制限が危険なケースとして腎機能障害、膵炎、肝硬変を挙げている。

 

善玉菌のエサになるオリゴ糖

動画中では、ブドウ糖摂取の是非を検討しているわけですが、ブドウ糖以外の糖質としてオリゴ糖があります。

オリゴ糖は、善玉菌のエサとなり良好な腸内環境を提供してくれます。

したがって、ブドウ糖は制限してもオリゴ糖の摂取は制限してはいけません。

 

すなわち、我々の腸内にはビフィズス菌を始めとする30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。

したがって、腸内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

口コミで日本一売れている噂のオリゴ糖です

『カイテキオリゴ』(妊婦ページ)

 

f:id:hiroshi999999999:20170530102528p:plain

上記動画は、「糖尿病患者における糖質制限の危険性?」についてのものです。
しかしながら、糖質の1つである「ブドウ糖」についてしか語られておりません。

確かに、糖尿病患者においてはブドウ糖摂取の是非は、深刻な問題だと思います。

それでも、良好な腸内環境を得るための「糖質の一種であるオリゴ糖」にも言及して欲しかったと思います。

腸内環境を改善するサプリメントをご提示しておりますので、一瞥をお願いいたします。

 

腸内環境改善に役立つもの

 

 1.酵素ドリンク(優光泉);
ファスティング(断食)においては、栄養を確保し、空腹感を紛らすものとして「酵素ドリンク」を利用するのが一般的です。
糖質制限ダイエットにおいても、「酵素ドリンク」は大変便利です。

この酵素ドリンク(優光泉)は、断食道場のノウハウを活かしてファスティングの専門家が開発した、 完全無添加の酵素ドリンクです。
地元九州の野菜を中心に、厳選した60種類の原料が使用されています。
楽天市場でも総合ランキング1位に何度もなった実績のある、実力派の健康酵素飲料です。

優光泉の詳細を、公式ページ↓↓↓でご確認ください。
酵素ドリンク「優光泉」
優光泉

 

 「ファスティング」に関しましては、「船瀬俊介氏」の動画をご覧ください。

fasting.hatenadiary.com

 

2.青汁(緑汁);
糖質制限を行った場合、やはり栄養不足が気になります。
「青汁」による栄養補給が便利かと思います。
そもそも青汁とは、生の緑葉野菜を搾った汁のことです。
野菜に含まれるビタミンやミネラルなどの栄養素は加熱によりその活性のほぼすべてを失うので、生のままで摂取できるようにしたのが「青汁」の始まりです。
 

ユーグレナ社は、世界で初めて「ユーグレナの大量培養」に成功いたしました。
そしてユーグレナ社は、最高水準の「青汁」に、このユーグレナ(天然の総合サプリメントと称されています)を配合することにより、革新的に進化した青汁「緑汁」を完成させました。

 

この「緑汁」によれば、カロリー制限の際の栄養不足を心配する必要はありません。

 

「緑汁」の詳細を、是非、公式ページ↓↓↓にてご確認ください。
ユーグレナ社の緑汁

 

ユーグレナについての詳細は、下記ブログでご確認ください。

hiroshi999999999.hatenadiary.jp

 

3.乾燥生姜(温効生姜);

カロリー制限を行うにあたり、「生姜紅茶」などを利用されている方が多いと思います。

この「生姜」について知っておいて頂きたいことがあります↓↓↓

dietsupple.hatenablog.jp

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報