痩せたい人の簡単ダイエット

ダイエットするためには、食事制限と適度な運動が効果的です。そんなこと誰だってしってます。でも、それが簡単じゃないから困っているのです。そこで、飲むだけで効果のあるサプリメントを紹介いたします。

ダイエットのためのプチ・ファスティング(断食)

プチ断食(ファスティング)は、ダイエットに効果的と、今大人気です。

断食というと辛いイメージですが、プチ断食であればそれほど辛くありません。

f:id:hiroshi999999999:20170703123617p:plain

 

プチ断食として、準備期間(減食期間)2日、断食3日、回復食2日の一週間のプチ断食をお勧めしております。
尤も、今人気のプチ断食は、週末に手軽に行える「週末プチ断食」です。
週末プチ断食では、週末金曜日の夕食を軽めにし、土曜日に断食を行い、日曜日を回復食とします。

 

減食期間は、断食に入る準備期間です。
体に、これから断食に入ると知らせる期間です。
2日間で、徐々に食事の量を減らします。
「週末プチ断食」の場合では金曜日の夕食を少し少なめにします。

 

「野菜ジュース」や「スムージー」などを利用して、必要な栄養を確保しながら空腹感を紛らわせます。
野菜ジュースやスムージ、あるいは生姜茶などが、プチ断食に人気の飲みものなのですが、これらについては後ほど言及いたします。

 

断食の期間(3日間)は、固形物は摂取いたしません。
野菜ジュースやスムージーなどの飲み物だけで、3日間を乗り切るわけです。
週末プチ断食の場合は、飲み物だけで一日(土曜日)を 過ごします。

 

断食期間には、胃腸を可能な限り休めることが必要です。
固形食ではなくても、バナナジュースなどでは胃腸は活動いたします。
これでは完璧な断食にはならず、効果が半減します。

 

ファスティングの最大の目的は、満腹中枢をリセットすることです。
(胃腸を完全休養させることで可能になります)

 

飽食の時代に生きている我々は、適量の食事で満腹感を得ていません。
ファスティングを行えば、脳の満腹中枢が正常な判断を取り戻し、適量の食事で満腹感を得ることができるのです。

 

プチ断食において最も大切なのは、「回復期」です。
回復期は、決して「普段の食事に戻す」ための期間ではありません。
断食期間にリセットした「満腹中枢」の意思に従うことが何より大切です。

 

断食前には毎日食べていたショートケーキや饅頭が、「それほど欲しくない」という感覚が大切なのです。
必ずお茶碗2杯食べていた「ごはん」が、1杯で充分と感じられることが大切なのです。

 

回復期については、「脂っこい物は避けるようにしたほうが良い」とか、「徐々に元の食事に戻しなさい」とか、「徐々に量を増やす」とか、様々なコメントが見受けられますが、これらは誤解を生む表現だと思います。
プチ断食前の食事に戻ってしまっては、プチ断食を行った意味がありません。

尤も、「食事の量は同じであっても、その内容が好ましいものに変われば良い」という論議もあるわけですが…

 

プチ断食で体重が2kg減ったとか、3kg減ったとかいうのは、「プチ断食の目的達成」ではありません。
食事量を減らせば、当然体重は減ります。
しかし元の食生活に戻れば、元の体重に戻ります。
長期間の断食により筋肉量が減っていれば、基礎代謝が悪くなっており、元の体重以上になることさえあります。
(正しく行えば長期間の断食であっても筋肉量の減少は少ないはずですが…)
これをリバウンドと嘆く方がいますが、当然のことが起こっているだけです。

 

プチ断食のホントの効用は、満腹中枢をリセットさせることによる「食生活の改善」です。

 

ファスティング(断食)は、本格的に取り組めば「末期がんをも完治させる」ほどの素晴らしいものです。

 

ただ、ダイエットのためのプチ断食をテーマとしているので、ここでは言及いたしません。
興味のある方は、下記リンクから詳細をご確認覧ください。

fasting.hatenadiary.com

 

f:id:hiroshi999999999:20170703123349p:plain

さて、プチ・ファスティング(断食)の概略をご説明させていただきましたが、肝心・肝要な部分の説明が未だ不十分ですので補足させていただきます。

 

1.酵素ドリンクについて;
プチ断食においては、断食期間に固形食を摂取することは厳禁です。
野菜ジュースやスムージを利用される方もいますが、例えばバナナ・ジュースなどでは胃腸は活動します。
断食で最も肝要なのは、一定期間「胃腸を完全休業させる」ことです。
これにより、満腹中枢をリセットすることができるのです。

 

ここで紹介する「酵素ドリンク(優光泉)」は、ファスティングの専門家が開発したものなので、断食期間に利用するには最適です。


優光泉の詳細を、公式ページ↓↓↓でご確認ください。
酵素ドリンク「優光泉」
優光泉

 

2.断食期間の飲み物として「生姜紅茶」が人気です;

しかし、せっかく生姜を摂取するのであれば、「乾燥生姜」を利用していただきたいと思います。
体を温める効果があり、風邪の予防や様々な健康管理に有効とされる生姜ですが、「生の生姜」と「乾燥生姜」では、実はその効果・効能に大きな違いがあります。

 

dietsupple.hatenablog.jp

 

最高品質の乾燥生姜である【温効生姜】の詳細を、ご確認ください。
公式ページ↓↓↓

 

3.「青汁」をお勧めいたします;

プチ断食の期間中、およびプチ断食の終了後、やはり気になるのは栄養不足でしょう。
「満腹中枢の意思に従えば理想的な食生活ができる」はずなのですが、現実的にはなかなかうまくいきません。
プチ断食前から満腹中枢の意思に従っていたのに、今の結果なのですから。

残念ながら、飽食の時代の今、我々は「満腹中枢の意思」を唯一の頼りにすることにより、理想的な食生活を満喫することはできません。

結局、ダイエットのためには「減食」が必須なわけですが、「栄養不足の恐怖感」が常にあるのです。

ホントは、1週間やそこら食事をしなくても我々は餓死しません。
それでも、我々の「餓死」に対する恐怖感は「本能」ですから、これを無視することは不可能です。

 

「青汁」の摂取をお勧めいたします。
これさえ摂取しておけば、とりあえず「餓死はしない」という安心感はとても大切です。

「青汁だけの食生活で、10年以上元気に生活されている人がいる」そうですから、青汁は大きな安心感を与えてくれます。

 

しかしながら実は、従来の青汁だけでは不十分な栄養素があるのです。
つまり、従来の青汁の原材料は「野菜」だけですから、我々に必要な「すべての栄養素」を含んでいるわけではありません。

 

ユーグレナ社が、世界で初めて「ユーグレナ」の大量培養に成功いたしました。
ユーグレナは藻の仲間ですから植物です。
ところが、鞭毛を使って泳ぎ回ることができるので動物的要素を持っているのです。
このためユーグレナは、植物性の栄養素と動物性の栄養素の双方を含んでいるのです。

 

ユーグレナ社は、「青汁」に「ユーグレナ」を配合することにより、「緑汁」を完成させました。
すなわち、「緑汁」には、野菜を主体とする「青汁」と動物性の栄養素をも含む「ユーグレナ」が配合されているわけです。

 

ユーグレナは、「天然の総合サプリメント」と呼ばれるほど、単独でも優れた効能を発揮するものですから、「緑汁」が素晴らしい効能を発揮するのは当然といえます。

 

ユーグレナ社の緑汁

 

ユーグレナの詳細を、ブログで紹介しております。
hiroshi999999999.hatenadiary.jp

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報