痩せたい人の簡単ダイエット

ダイエットするためには、食事制限と適度な運動が効果的です。そんなこと誰だってしってます。でも、それが簡単じゃないから困っているのです。そこで、飲むだけで効果のあるサプリメントを紹介いたします。

オリゴ糖はカロリーが気になる人の代替甘味料です

f:id:hiroshi999999999:20170815023538p:plain

カロリーの高い砂糖に代えて「オリゴ糖」を利用する人が増えています。
オリゴ糖は砂糖に比べればカロリーが低く、代替甘味料として高く評価されています。
ところが、オリゴ糖は代替甘味料としての役割だけではなく、優れた効果・効能を持っていることが判りましたので、ご報告いたします。

 

f:id:hiroshi999999999:20170814102705p:plain


オリゴ糖とは

糖質は、大きさによって単糖類、オリゴ糖類、多糖類の3類に分けられます。
「オリゴ糖」は、単糖が2個から数十個程度つながった糖類の総称です。
オリゴ糖の多くは、単糖が2個つながった二糖類です。

 

「オリゴ」とは、ギリシア語で「少ない」を意味し、オリゴ糖は「少糖類」とも呼ばれます。
ちなみに、単糖が数十から数千個程度つながった糖類を多糖類と呼びます。

 

オリゴ糖はおよそ20種類ほどあり、その中には胃や小腸で消化されにくい性質のものがあります。
これらは、大腸でビフィズス菌などの善玉菌といわれる腸内細菌のエサとなり、それらの増殖を促します。
これによって腸内の細菌バランスが善玉菌優勢になり、腸内環境が整えられます。

 

f:id:hiroshi999999999:20170814102505p:plain

 

オリゴ糖の種類

オリゴ糖の種類はおよそ20種類です。

その中には、胃や小腸で消化されにくい難消化性の性質を持ち、腸内環境を整えるために役に立つものがあります。

 

1.フラクトオリゴ糖
主な成分は、ショ糖です。
ビフィズス菌の増殖を促進し腸内環境を整える作用があるほか、虫歯になりにくいという特徴があります。
低カロリーな甘味料として使用されます。
免疫機能向上機能があります。
アスパラガス、ニンニク、ゴボウ、タマネギなどの野菜類に多く含まれています。

 

2.イソマルトオリゴ糖
グルコース(ブドウ糖)を構成糖としたα-1,6結合(分岐構造)を持つ糖類です。
腸内環境を整えるほか、熱や酸に強く、防腐作用があるため、保存食に用いられます。
はちみつや味噌、醤油などに多く含まれています。

 

3.ガラクトオリゴ糖
乳製品などに多く含まれており、ガラクトースを構成糖としています。
消化酵素によっては消化されにくく、低カロリーです。
ビフィズス菌の増殖を促すほか、タンパク質の消化・吸収を助け、便秘や下痢の改善にも役立ちます。
母乳や牛乳に含まれています。

 

4・大豆オリゴ糖
大豆に含まれるオリゴ糖の総称です。
熱や酸に強い性質があり、他のオリゴ糖よりも少ない量で腸内の善玉菌を増やすことができます。

 

f:id:hiroshi999999999:20170814085418p:plain

オリゴ糖は腸内環境を正常化します
腸内環境を正常化させるために、重要な役割を果たしているのが善玉菌です。
善玉菌は、同じく腸内にいる悪玉菌と絶えず戦っており、腸内環境を悪化させないためには善玉菌が常に優勢でなければなりません。

 

オリゴ糖は善玉菌のエサであるため、腸内の善玉菌を増やす役割を担っています。
一方、悪玉菌はオリゴ糖をエサにすることができず、肉類のタンパク質やアミノ酸をエサにしております。
したがって、オリゴ糖を摂取することで、善玉菌の数を増やし腸内環境を正常化することができます。
とくに、オリゴ糖による便秘改善効果は特筆すべきものです。

 

1.肌荒れを防ぐ
悪玉菌が多く腸内環境が悪化した状態では、悪玉菌が出す毒素により肌の新陳代謝が衰え、肌荒れがおこります。
オリゴ糖は善玉菌を増やし、結果的に悪玉菌を減らし腸内環境を正常化するため、肌荒れにも効果があります。

 

2.ダイエット
オリゴ糖は、胃や小腸で消化されにくく、摂取カロリーが低いため、カロリーが気になる方向けの甘味料として利用されます。

 

3.アトピー性皮膚炎やアレルギーの緩和
オリゴ糖をエサとする善玉菌(乳酸菌やビフィズス菌)には、アトピー性皮膚炎やアレルギーを緩和する作用があります。
アレルギーは人の体に備わる免疫機能が過剰反応した際に起こります。
免疫機能は人の体にウイルスなどの外的因子(アレルゲン)が入ってきた際に抗体を作り出しますが、この抗体が過剰に生産されるとアレルギー反応が起きます。
また、腸内環境が悪化し、腸壁のバリア機能が弱まっているところからアレルゲンが侵入しやすくなり、これもアレルギーを引き起こす原因のひとつです。
なお、アトピー性皮膚炎は、腸内に侵入したアレルゲンが皮膚に現れたものです。

 

乳酸菌やビフィズス菌は、腸壁のバリア機能を高めたり、過剰生成された抗体の働きを抑える働きをもっているため、アトピー性皮膚炎やアレルギー症状を緩和することができます。

 

4.虫歯になりにくい
砂糖は口腔内の細菌に消化され、歯垢の原因となる物質や歯のエナメル質を溶かす酸がつくられる原因となります。
オリゴ糖は、口腔内細菌によって消化されない、あるいは、されにくい性質を持つものが多く、摂取しても虫歯になりにくいといったメリットがあります。
そのため、ガムやキャンディなどに使用されることが多いです。

 

オリゴ糖を多く含む食品

オリゴ糖は、大豆、アスパラガス、ニンニク、ゴボウ、タマネギなどの野菜類や、はちみつなどに多く含まれています。

 

オリゴ糖の積極的活用

オリゴ糖には、ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌のエサになり、腸内環境を改善する働きがあります。
我々の腸内にはビフィズス菌を始めとする30種類以上の善玉菌が棲息しております。
そして、それぞれの善玉菌にはオリゴ糖との相性があります。
したがって、体内に棲息するすべての善玉菌をサポートできるオリゴ糖を摂取すれば、腸内環境を大幅に改善できるわけです。

 

すべての善玉菌をほぼすべてサポートできるオリゴ糖が、「カイテキオリゴ」です。

日本一のオリゴ糖↓↓↓

 


カイテキオリゴは、日本で一番売れているオリゴ糖です。
おかげさまで、売り上げ実績日本一になりました。
甘さは砂糖の4分の1程度で、ほんのり甘いくらいなので、お好きな飲み物やヨーグルトにサット入れるだけ!!
お料理に入れてもほとんど味をかえません。
普段の食生活に、スプーン1杯取り入れるだけのカンタン習慣です。

 

オリゴ糖は善玉菌(ビフィズス菌)をバックアップして、体内環境をサポートしますが、体内で活動する30種類以上の善玉菌にはそれぞれオリゴ糖との相性があります。
カイテキオリゴは、30種類以上の善玉菌のほぼすべてをまんべんなくサポートすることに成功したオリゴ糖商品なのです。

日本一のオリゴ糖↓↓↓

 

ブロトピ:今日のブログ更新

ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ?

ブロトピ:ブログ更新通知

ブロトピ:アクセスアップのお手伝い!ブロサーあんてなにあなたも入会してみないか!

ブロトピ:今日の健康・医療情報